2007年08月15日

誰?であります。

070811.jpgども大変ごぶさた妻です。
えっアタクシですよ。


え〜お盆休み中の皆様お元気でしょうか。


アタクシは月金で仕事です。



お暑うございます。



残暑といえど福井は2週間連続真夏日5日連続猛暑日だそうで。



アタクシに死ねと…





大変ごぶさたしておりましたのは忙殺されておりましたのと体調不良とでして。


あと二日働いてロングバケーションを頂きます。




そして上のムーディーな写真は先週土曜日11日のものです。



金沢のラフォーレ…じゃないフォーラスとかいうショッピングセンターのなかに



メキシコ料理屋がありまして。


ヒトリで飲んでいたのです。




金沢の夏の夜に30代婦女子が一人で酒場に・・・・・・・・・









翌日友人の結婚式だったので前ノリしてヒマだっただけです。



070812-1.jpgご覧くださいませこの晴れ姿。

友人は一つ年下なのですが、
高校の頃部活が一緒だったのです。

なんと愛らしい振袖姿。
見とれてしまいました。



…着物好きのアタクシとしてはヒトの着物姿を見ますと


「黒地の振袖ええなあ」

「刺繍もええけど友禅もええなあ」

「友禅もええけど紬(つむぎと読みますよ奥様)もええなあ」

「紬ゆうたら夏物やなあ」

「こないだ高島屋で見た紬よかったなあ」

「ほしいなあ」

「夏物安いしなあ」

「ほしいなあ」




・・・。




・・・着ないだろう。正月しか。




閑話休題。



070812-3.jpg式場は石川県かほく市にある
「アマンダンヴィラ」というところでした。


金沢カントリー倶楽部に併設されているので
緑多き中にチャペルがある雰囲気のいいところ。

遠くにキャディさんたちも見えました。



上の写真はナフキンがわりのてぬぐい。

和風な披露宴にあわせて柄は夏らしく「とうもろこし」と「スイカ」でした。


こういう演出はウレシイですね。


070812-4.jpgこれがメインの肉か。

ということで、
お料理はとてもオイチイものでした。


一生懸命頂きました。




自分の時はヒトに適当なものを食わせてしまったような気が…



披露宴のときって主役の花嫁さんは一口も食べられないことが多いのですよね。


この友人も「完食が目標」とのたまっていたのですが

どうやら食べられなかったようです…


ちなみにこの日一緒に招待された友人の中に
自分の結婚式で完食した者がヒトリおりました。



ツワモノめ。



070812-2.jpg花嫁役(?)の友人はアタクシより一つ年下。

そして花婿は花嫁より7才くらい下です。

なんと罪深い所業でしょう。





しかしとてもお似合いのカップルで、見ていてほのぼのいたしました。

写真は花婿が所属する合唱団のご友人たちが
歌をご披露なさっているところです。


聞いたことのある歌だったのですが・・・



え〜「なんとかソーマッチインラブ」という名前です。



正確な曲名求む。





他にも新郎新婦がカキ氷をつくってデザートに配ったりと、
大変和やかなとっても良いお式でした。

いつまでもお幸せに・・・





とそれだけで金沢での休日が終わるわけはなく。



少しだけ買い物いたしまして。


070812-7.jpg今回はその一部だけ…


触発されて「てぬぐい」を買いました。


あとお菓子とかカバンとか





オットをおいて旅をするときはいつもおみやげに服を買って帰るので今回もそうしました。




オット「ガンダムは?」


アタクシ「なかった」







金沢って全体的に「程よい」ですね。

味もモノも見どころも、主張しすぎずクドすぎず。

上品にまとまっています。


フラリと行きたくなる場所ですな。






そしていざ帰ろうかと金沢駅に着くと・・・



070812-6.jpg
これは何かと申しますと。



ポストです。










名前は「郵太郎」です。







・・・。




由来求む。
posted by ぽるきち at 23:51| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の地球侵略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
由来はわかりませんでしたが
今の郵太郎は二代目で
初代の郵太郎には男性シンボルがなかったとか 苦笑

二代目にはちゃんとシンボルがついてるそうですw
Posted by 汁 at 2007年08月16日 16:33

お久しぶりね、オクサマ…うふふ。
今頃暑さの中海の前でしょうか。

ところでその曲はまさに
タイムスの「So much in love」という曲じゃね?
…とか思ってみるワタクシです。 

有名なカバーとすれば…

ティモシーシュミットとか。
山下達郎とか。

なんか他にもあった気がしますが、思い出せません。
嗚呼、歳ですな。


さて、そんなモノシリタカぶりなワタクシではございますが。

郵太郎

の由来は存じません。…キモ


Posted by zep at 2007年08月16日 17:42
突然のコメント失礼いたします。
ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。

すごく良いブログだったので、思わずコメント
してしまいました。

また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
Posted by ナンパ師 at 2007年08月16日 21:18
どうも。お久しぶりです。
僕も暑くてとろけそうです。
いっそ融けてしまいたい!

僕も金沢には一度行ったことがありますが
郵太郎君には気づきませんでした。
…さすが金沢ですね。
お上品なポストです。
Posted by ショウ at 2007年08月16日 22:38
汁さま、ごぶさたしております〜
ご健勝でいらっしゃいますでしょうか。
郵太郎に関する情報をありがとうございます。
なんと二代目とは…
それほどまでに金沢の人は郵太郎に思い入れがあるのでしょうか。
アタクシとしたことが男性のシンボルの有無を
確認するのを忘れておりました。
今度金沢に行ったときは必ず見届けてまいります。


フェス疲れでとろけている夫さまこんばんは。
お教えいただいたとおりググってみましたら
その通りのその名の歌でした。
披露宴では京都のグリークラブの方たちが
「ううりーうー」と良いお声で歌ってくださいました。
「なんとかなんとかトゥギャーザー」と歌っていたな、
というのは覚えていましたのですけれど。
ところで今日は海の前には行きませんでした。
無鉄砲はやらない主義です。
・・・オットが。


ナンパ師さま、コメントありがとうございます。
ナンパ師さまにナンパされるような
30代婦女子であるように精進いたします。


ショウちゃま、今日も溶けてるかしら?
郵太郎は金沢駅のどまんなかなのにちょっと地味な場所に立っています。
金沢らしい大変情緒のあるポストです。
金沢は歴史的に工芸が発達した土地ですので、
郵太郎でその技術を顕示しているのかもしれません。
今度金沢を訪問したときには是非探してみて頂戴。
Posted by ぽるきち at 2007年08月16日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51522461

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。